LINE6 : iOSからBluetoothでなんでんかんでもコントロールするアンプ、AMPLIFi

line6_amplifi

これらの動画を見た感じですと、

  • 本体は基本的なアンプ部分とスピーカーのみで、iOS アプリからアンプモデルやエフェクトを選ぶと、アンプ本体からその音が出る。
  • アンプも、ギターに特化してるんじゃなくて、音楽を大音量で鳴らすことができるようになってる。
  • アプリ内で好きなバッキングトラックを選ぶと、自動的にその曲で使われているギターの音が出る。

こんな感じでしょうか。

この動画は30分近くあるので、最初のほうしか見てないのですけれど、アンプの上に iPad を置けるようになっとります。

スクリーンショット 2014-01-24 9.57.22

150Wと75Wの2種類。

しかしまあ僕としては、iPad と小型パワーアンプでキャビネットは現地にあるものを使用、というこのシステムが最強。

Sonic Port – Mobile POD – 44 Magnum – キャビネット | guitars.grrr

追記:
日本サイトに載っておりました。
News

というか、思いっきり製品ページありました。
概要 | AMPLiFi | Line 6

しかしこれ実際に本物のキャビネットでスピーカー鳴らすのに、アプリにもキャビネットシミュレーターがあるのですね。

コメントを残す