ちっこすぎるワウペダル AMT WH-1 が届いた


来た来た来た来た!


出した。


iPod touch と並べてみる。


ジャック部分を除けばほぼ同じ大きさ。


上から見ると隠れてしまう。

ちょっとまだ音出しはしてないのですけれど、踏んでみた感じでは、思ったより違和感ないです。むしろ、スイッチのオンオフはこっちのほうがやりやすい。通常サイズのワウだと、スイッチ操作をする際は、つま先にグッと力を入れる感じになりますけれど、この場合は、スイッチ部分が足の裏のつま先から約1/3ぐらいのところにくるので、より少ない力でスイッチのオンオフができます。逆に、意図しない所でスイッチ切っちゃったりするんじゃないか?とも言えますが、なんといいますか、ここまで小さいと、足の裏との一体感がもの凄くて、ワウ本体が身体の一部になったような、大袈裟に言いますと、靴の裏にくっつけちゃった、的な使い心地が得られます。なので、まあ実戦投入するまで確かなことは言えませんが、そんなにスイッチの失態は無いんじゃないか、と、そんな予感がしています。

今週末に早速実戦投入する機会がうまい具合にありますので、どんな感じだったかまた報告致します。楽しみ。

7 Comments

  1. さくらい

    ぶらぼー。

  2. Pingback: AMT WH-1 Japanese Girl を実戦投入 | guitars.grrr

  3. Pingback: ZOOM の小型マルチエフェクター、マルチストンプ間もなく発売。 | guitars.grrr

  4. Pingback: 今年買ったモノ2012 | guitars.grrr

  5. Pingback: AMT Electronics TPA-50 Satellite | guitars.grrr

  6. Pingback: Cry Baby がちっさくなった! Jim Dunlop Cry Baby mini : NAMM 2015 | guitars.grrr

  7. Pingback: Cry Baby Mini | guitars.grrr

コメントを残す