Electro Harmonix – Deluxe Big Muff Pi

発売を知ってからずっと狙っておったんですけれど。在庫が無かったり特に安くなかったりで、どうにも機会が無かったんですけれど、この前なんとは無しに Twitter 見てたら楽器屋さんがタイムセールとかなんとか書いておられたので、なんとなく見てみたら安くなってたのでした!もちろん速攻でナニしました。

IMG_0330

通常の BIG MUFF に、アタック、ゲート、それとミッドブースト/カット、さらに、ベースブーストが付いて、ツマミやミニスイッチやフットスイッチが沢山増えて、まさにデラックスと呼ぶに相応しい仕様となっております。

で、ミッドブースト/カットなんですけれど、FREQ ツマミで周波数を決めて、その周波数帯をどれぐらいブーストするかカットするかを、MIDS LEVEL ツマミで調整します。さらに Q スイッチで、その帯域の幅を広いか狭いかを選べるようになっとります。このブースト/カットは左のフットスイッチでオン・オフできるようになっていて、エクスプレッションペダルを繋げば、FREQ ツマミを足で操作できるようになり、つまりは、MIDS レベルをプラス側にしておけば、ワウペダルのような効果を出すことができるし、逆にマイナス側にしておけば、通常のワウとは逆に、カットする周波数帯を足で操作する、みたいな愉快なことになっとります。

ただ、FREQ で周波数帯を調整といいましても、あくまでも中域を中心としたミッドブースト/カット機能なので、あんまり上の方や下の方をいじることは出来ません。なので、通常のワウとはちょっと違う感じであります。

あとね、BASS BOOST スイッチというのがあって、TONE ツマミを高域寄りにした状態でも、低域を強調できるということで、先のミッドブースト/カットと組み合わせれば、もう完全にわけがわからなくなりそう、そんな気がします。

エクスプレッションペダル繋いでミッドブースト設定で試してみましたけれど、一般的なワウとはやっぱりちょっと違って、あくまでも中域の操作なので、ワウの代わりと思って使うと違和感ありまくりです。

あとね、フタ開けると中に3つもトリムポットが付いているらしいのですが、触ると泥沼にハマるのは間違いないので、トリムポットの存在を知らないことにすることにしました。

というわけで、動画の最後のほうでエクスプレッションペダルを使ってるところを見られまする。

しかしマフって全部欲しくなるのはなんでなのか。

IMG_0370

タイムセール言うても結構期間が長い…

【公式】Electro-Harmonix / Deluxe Big Muff Pi

One Comment

  1. Pingback: 今年買ったものまとめ 2014 | guitars.grrr

コメントを残す