Fender の新しいミニサイズのマイクロペダルシリーズは 中国 Mooer の OEM か

これまで、どちらかというと Fender の比較的安価な製品群は、日本では積極的に売りだしてこなかった印象があるんですけども、確か今年の3月のドイツのあのメッセで発表されてたナニがアレして日本でも満を持して発売開始。

んで、ムジークメッセで発表された時に、Twitter でリンク貼ったらすかさずこれ。

「なんか見たことあるなあ〜、なんだったけか?」とモヤモヤしておったところ、このツイートを見てハッと気づきました。

この A/Bスイッチだけちょっと違う。

Mooer のサイトにある正面からの画像がうまくクリップ出来なかったので斜めからの画像になっとりますが、色は違うけれど、まんまこれ。

まあ Fender の場合、エフェクターなんかは、低価格帯のギターと共に「よかったらこれもどうですか?」的な、ついでにセットで売れるような価格帯のものが多いのですけども、このようなあからさまな中国メーカーの OEM 製品は、「なんだかなあ」と思ってしまうのであります。

まあ僕が Mooer とか Moen とか JOYO とか、その辺のメーカーに全く興味が無いだけ、というか嫌い、というだけの話しという見方も出来ますけれども…

2 Comments

  1. Joe

    ホントに「なんだかなあ」って感じですねえ。
    しかもコンプにEQ、DIボックスとラインセレクターってのも半端な品揃え。
    とりあえず様子見るかってトコでしょうか。

    私もMooer とか Moen とか JOYO とか、その辺のメーカーに全く興味が無い、というか関わりたくないです。
    その手のビジネスを、こっちに持ってくるなよと思います(笑)。

    • Sakutarou Yomogi

      Joeさん、
      そうそう、歪みやディレイを外してくる理由はなんなんでしょうね?
      ギターで XLRアウトの DI なんて今需要あるのかな?

      わはは、「こっち来んな」とも言いたいです(笑)

コメントを残す