対応機種が猛烈に多い、ポン付けできる自動チューニングペグ Tronical Tune

ギブソンのロボットギターの自動チューニングシステムを作ってる会社ですね。

取り付けする際に穴を開ける必要は無し!ということで、その代わりにもの凄く種類が多いです。

様々なギター用に、全12種類。ギブソン各種用、フェンダー用はもちろんのこと、テイラーやヤマハ、エピフォン、アイバニーズ用もある。フライングV用もあるぞ。素晴らしい。

スクリーンショット 2013-04-09 18.20.49取付は、元のペグを外して、TRONICALTUNE を差し込んでレンチで締めるだけ。

スクリーンショット 2013-04-09 18.21.07弦はロック式。コインなどで締め付ける。締め過ぎはダメよ。

重さはギブソン用で257グラム、一列に並んだストラト用で287グラム。動作はユニット内部に仕込んだリチウム電池で、1回の充電で約300回の充電が可能。

※1回の充電で約300回の充電ってなんだ。300回のチューニング。

スクリーンショット 2013-04-09 18.21.23独自形状のバッテリーを差し込む。300回が多いのか少ないのか。どこでも手に入る一般的な電池が使えたら良いのに。ここがちょっと気になる点。

メーカー直販価格はいずれも349ドルで、もちろん日本にも送ってくれる。ちなみにパーツ単位での販売もあって、バッテリーは39.99ドル。結構高い。

TronicalTune Battery Pack – Tronical Components GmbH Store

自分のギターに取り付けられるかどうか、細かくチェックしたい場合は、ダウンロードページに詳細な図面が用意されていて、縮小拡大無しで印刷すると、どうやら原寸らしいので、切り抜いて自分のギターにあてて確認できる。

Tronical – Download Tronical Tune Manual

ダウンロードページには、マニュアルやら取り付け方法などが書かれた PDF ファイルが置いてある。

加工なしで取り付けられるということで、ちょっと試してみようかいなどうしようかいな。

メーカーサイト
Tronical GmbH

One Comment

  1. Pingback: ポン付けできる自動チューニングペグ Tronical Tune が値下げ | guitars.grrr

コメントを残す