スティック・タイプのパワー・サプライ Noah’sark DC-STICK

これは電源関係では久々にムラムラする憎らしい製品。横から見た縦横が、23ミリと26ミリですって?!素晴らしい!そんなに細いのに9Vが6個も使える。素晴らしい。欲しい。ああ、9.6V か。

9.6Vといえば、確かプロヴィデンスにそんな出力のアダプタあったな。これはあれですよね、新品の9V電池の出力が9.6Vぐらいあるからそれに合わせた、ということですよね。

んでその9.6Vの他に、PGO という端子が付いてて、これはあれですよね、ほら、難しいことはよくわかりませんけれど、他のエフェクターと同じパワーサプライから供給するとダメな奴。極性は同じセンターマイナスなのに、一緒につなぐとダメな奴。昔買った Electro-Harmonix の Nano Clone がそうだったな。今売ってる奴は違うみたいやけど。あとあれもそうだった、えーと、キット買ってきて自分で作る奴。羊のマークのアレ。名前忘れた。アレのファズがそうだったな。確か入ってた日本語マニュアルに、「センタープラスだから他のと一緒に繋げません」なんて書いてて真に受けて、アダプタを単独でセンタープラスに変換してつないでも使えず、おかしいな、と思ってよく調べてみたらセンターマイナスのポジティブグランドだった、ということがあったな。まあ理屈がちゃんとわかってる人なら大丈夫なんでしょうけれど、僕のような中途半端な知識しかないとこんな風になって混乱してしまう。

えーと話が逸れたけど、その PGO 出力端子と、それとは別に、この DC-STICK を2台つないで合計 14台のペダルに電源供給するための LINK 端子が付いてて、さらにその LINK 端子は、リットーの記事には書いてないけど、メーカーサイトを見てみると。12V のアウトプットとしても使えるという、なんとも憎らしい仕様になっている。素晴らしい。欲しい。 12V といえば、今僕がメインで使っている Radial の Bones London とか、ちょっとサイズが大きいので今は押入れの中にある TC Electronic の Nova Delay なんかにも使えるな。まあこの辺は 9V でも使えるけれど。

あと歪み系で 9V から 18V まで使えるものもあるしな。このへんのものを 12V につないでやれば、消費電力の範囲内なら合計7台繋げられるということになるな。素晴らしい。欲しい。

これだけ細長ければ、今使っている自作ボード(ただの板切れだが)を作りなおして(新しく板を切るだけだが)これを並べてもたいしてかさばらずに済むぞ。そうしよう。

メーカーサイトには付属のACアダプターの写真も載ってるけど、割りとコンパクトな感じで良い。本体は小さいのに、アダプタがでかかったら台なしだ。
Noah’sark / iMi Web Site

とりあえず買おう。

コメントを残す