VOX の新しいエフェクター Tone Garage : Summer NAMM 2013

仕様なんですけれど、

オール・ディスクリート回路

ディスクリートってなんやねん?って言う話しですけれど、IC を使わずに、部品がズラーッと並んだアレのことなんですってね。部品って、コンデンサとか抵抗とかトランジスタとか、なんかそんなんです。

トゥルー・バイパス

みなさん「トゥ」ってどうやって入力してます?ローマ字入力の場合。「TWU」ですよ!

ダイキャストボディ

一見プラスチックっぽいですがアルミ製。ちなみに「ディ」は「DHI」です。

ここまでが共通仕様。これらのうち、ファズを除く歪み系3種類は真空管入り。ECC83 / 12AX7。そしてディレイは BBD 使ったアナログ・ディレイであります。

それでですね、ファズなんですけれど、オクターブファズなんですね、オクターブファズといっても、オクターブ上がちょろっと出てローがごっそり無くなる感じのあれじゃなくて、1オクターブ下と、2オクターブ下も出すんですよこれが!しかも全部同時に出る!

大きな製品写真を見ると、コントロール系がよくわかるんですけれど、

p5
※すいません、画像頂きました。

しかしながら、製品の説明文読みながら画像見ても、どうもよくわからないわけです。

現在では入手困難なゲルマニウム・ダイオードの特性に近いスペシャル・ダイオードを厳選。ヴィンテージ・テイスト溢れるオクターブ・ファズです。1オクターブ上に加え、2オクターブ下までカバーしました。また、3種類のオクターブ設定ができ、+1オクターブ、-1/-2オクターブ、そして上下すべてのオクターブをミックスさせ、厚みのあるヴィンテージ・ファズ・サウンドを鳴らすことが可能です。さらに、+1オクターブ用にトーン・コントロール、 -2オクターブ用に ボリューム・コントロールを搭載しました。Trike Fuzzは、上オクターブと下オクターブの回路を並列/直列で動作させ、最後に組み合わせる構成になっているため、既存のオクターブ・ファズでは成し得ない多彩なサウンド・メイクを可能にしました。

+1オクターブ用にトーン・コントロール、 -2オクターブ用に ボリューム・コントロールを搭載

これはよくわかります。見たままですね。そのもののツマミがあるので一目瞭然です。しかしその前に書いてあるこれ、

3種類のオクターブ設定ができ、+1オクターブ、-1/-2オクターブ、そして上下すべてのオクターブをミックスさせ、

ここがよくわからない。トグルスイッチが1つ付いてますけれど、左、真ん中、右の3通りのスイッチだと思いますけれど、あ、そうか、右は「+」って書いてるので、+1オクターブ、左は「-」って書いてるので、-1/-2オクターブ、ほんで中央は、それら全部ってことなんでしょうか。それでいいのでしょうか。というか、他にツマミ類が無いので、それしかいない。ないな。

ああそうか、これ書いててだんだんわかってきたぞ、-1オクターブだけ出したい時は、左に倒して -2 VOL を絞ればいいのか。ああそういうことか。なるほど理解した。

ほんでこれらは ACアダプターと電池でも動くのですけれど、電池はなんと単3型6本。なかなか珍しいです。

で、真空管だのディスクリートだのアルミダイキャストだったりするので、見た目のチープさとは裏腹に、そう、僕の第一印象では、見た目はチープですね。そしてあまりかっこよくない。色使いがアレなのか、形がナニなのか。でも斜めから見るとそうでもない印象。照明の加減で陰影が出るからかな?

えーと、ああそうそう、その見た目のチープさとは裏腹に、お値段はそこそこです。

でも決して高くない。いや、むしろ安い。この仕様でこれなら全然高くないな。とりあえずね、ファズ欲しいファズが。

VOX(KORG)は、発表から発売までが短いから、悶々としなくていい。しかしディレイだけ「10日発売」になってるけど、8月10日なんだろうか?

9 Comments

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください